ここから本文です

200バタ・坂井が銀メダル 王者フェルプス追い詰める「すごくうれしいです」

デイリースポーツ 8月10日(水)10時37分配信

 「リオ五輪・競泳男子200mバタフライ・決勝」(9日、五輪水泳競技場)

 坂井聖人(21)=早大=が1分53秒40で2位に入り、銀メダルを獲得した。

 最後の50メートルで激しく追い上げると、世界記録保持者のマイケル・フェルプス(米国)をあと一歩まで追い詰める会心の泳ぎを見せた。

 坂井は「ラスト50はすごくしんどくて。フェルプス選手が見えてたんで、ラスト差せたらいいなあと思ってたんですけど…。悔しい気持ちはありますけど、2位なんですごくうれしいです。(1位と)100分の4秒差?うれしいです」と興奮ぎみに話した。

 昨年の世界選手権で4位に入り、急激に力を伸ばしてきたホープは「とにかく感謝の気持ちが強いので。地元で応援してくれている皆さんに感謝とお礼がいいたいです」と喜んだ。

 表彰式を終えた坂井は「重いですね。瀬戸選手に個人メドレーのメダルをかけさせてもらったんですけど。それが重くて、うあー取りたいなあと思っていたので。とてもうれしいです」と誇らしげに銀メダルを手にした。

 競泳界のスーパースター、フェルプスとともに立った表彰台に「憧れの選手で、尊敬する選手でもありますので、一緒に立てるだけでもうれしく思います」と笑顔をはじけさせた。

 瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=は1分54秒82で5位に入った。

最終更新:8月11日(木)14時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。