ここから本文です

照英、ボルトのシューズゲットに五輪公式ツイッターも「ちょっとうらやましい」

デイリースポーツ 8月10日(水)11時12分配信

 俳優の照英が9日、ブログを更新し、取材で訪れているリオ五輪会場で、陸上男子100メートルジャマイカ代表で、世界記録保持者のウサイン・ボルトからサイン入りシューズをゲットする幸運に「信じられない事が起きた!」と興奮コメントをつづった。またそのときの様子が五輪公式ツイッターでも“幸運なジャーナリスト”として紹介された。

 照英はテレビ東京の仕事でリオ五輪を取材。ボルトが出席したスポーツメーカー・プーマ主催の会見を取材に行ったところ「そこに、私は取材で訪れていた!しかし、『ひょんな事』からプーマCEO(ビョルングルデン氏)と会話する事になり、『ひょんな事』からボルト選手着用の新作プーマのシューズをプレゼントして頂き、しかもボルト選手本人よりサインをして頂く事になった(驚)!!」と、大興奮でつづった。

 この様子は五輪公式ツイッターでも紹介。シューズを手に驚きの笑顔を浮かべる照英の写真とともに幸運なジャーナリストとして紹介。「ちょっぴりうらやましい」のキャプションも添えられた。

最終更新:8月10日(水)11時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。