ここから本文です

200バタ・瀬戸は5位「悔しい五輪に…」

デイリースポーツ 8月10日(水)11時17分配信

 「リオ五輪・競泳男子200mバタフライ・決勝」(9日、五輪水泳競技場)

 瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=は1分54秒82で5位に終わった。

 序盤から、積極的な泳ぎを見せた瀬戸は、最後のターンでも3番手につけ、メダル圏内の争いを見せていたが、最後の50メートルで失速してメダルに手が届かなかった。「悔しいオリンピックなっちゃっいました。タイムがついてこなかったので、まだまだ力不足だなって。頑張ってきたんですけど、自分より努力している人がたくさんいるなって思います」と悔しさをにじませた。

 金メダルを狙った400メートル個人メドレーでは銅メダルに終わり、最も得意なバタフライでもメダルには手が届かなかった。「4年後の東京でもっと活躍できるように頑張ります」と巻き返しを誓っていた。

最終更新:8月10日(水)11時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]