ここから本文です

インフィニティ Q60 新型、量産開始…日産栃木工場

レスポンス 8月10日(水)18時0分配信

日産自動車は8月10日、栃木工場において、インフィニティブランドの新型スポーツクーペ、『Q60』の本格生産に入ったと発表した。

画像:日産栃木工場で量産が開始されたインフィニティ Q60 新型

栃木工場は、インフィニティブランドが誕生した1989年から、同ブランドの車両の生産を担当。新型Q60の生産開始は、栃木工場の歴史において新たなページを刻むもの。この新型車の要件を満たすべく、生産ラインの改良を実施し、革新的な生産プロセスを導入した。

業界最高レベルの生産技術によって、インフィニティのデザイナーは、Q60の特徴の鋭いアングルとボディラインを描くことが可能に。深いボディプレス加工技術の採用や、Q60の特長的な樹脂製トランクリッド用の新しい治具の設置など、プレスおよび組立工程を中心に改良を施した。

また、品質管理のさらなる向上のため、検査工程に新しい照明システム、組立工程にカメラ・ビデオシステムをそれぞれ導入。Q60のユニークなトランクリッドを高い品質で実現するために、生産、デザイン、開発の各チームが緊密に連携した。このトランクリッドは、スチール製のフレームと樹脂製の外板が組み合わされた世界初のもの。これにより、インフィニティのデザイナーは、ひとつのパーツで形状をより自由に開発できるようになった。

今回のインフィニティ車生産のための栃木工場における大きな改良のひとつは、新たに専用の塗装ブースを設置したこと。これは、Q60の新色であるダイナミックサンドストーンレッドの塗装のために導入された。このつやのある深い赤色の仕上げには、インフィニティの塗装のエキスパートが開発した、機械と人間の手による塗装を組み合わせた新しい塗装手順が必要となる。

新しい塗装ブースでは、塗装の厚さや品質をより緻密に管理できるようになった。日産は、「新たに開発したダイナミックサンドストーンレッド塗装工程は、数百種類の塗料配合・塗布方法をテストした結果、生まれたもの」と説明している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月10日(水)18時0分

レスポンス