ここから本文です

石原良純 叔父・裕次郎にもらった貴重な車が電柱激突でパーに

東スポWeb 8月10日(水)15時45分配信

 タレントで気象予報士の石原良純(54)が10日未明に放送されたテレビ東京系「チマタの噺」に出演。学生時代に叔父で昭和の大スター・石原裕次郎さんから高級スポーツカーを譲り受けたことを明かした。

 番組はMCの笑福亭鶴瓶(64)と1対1のトークで展開され、その中で「車での事故」が話題に。石原は大事故はないと胸を張るが、電柱に激突して廃車にした過去を告白。それが裕次郎さんから譲り受けた一台だったことを明かした。

 大学の入学祝いに車をもらったという石原は「赤というかオレンジのフェアレディZをもらったんです。(裕次郎さんが出演した)『西部警察』で使っていたパトカーを塗り直してくれた。今までにないような色」となんとも貴重な一台であったことを説明した。

 しかし、そんなレアものにもかかわらず「最終的に、家の近くの電柱にぶつかった。まぶしいなとトロトロ(走ってたら)ゴーンって。爆発すると思って逃げて、それで車がパーになった」と、なんともトホホな結末を披露した。

最終更新:8月10日(水)15時45分

東スポWeb