ここから本文です

田中理恵さん、2日連続の涙 後輩たちの4位入賞に「絆のこもったチーム」

デイリースポーツ 8月10日(水)11時54分配信

 ロンドン五輪体操女子日本代表だった田中理恵さんが10日、ブログを更新し、リオ五輪で4位という好成績を残した体操女子日本代表の後輩たちへ「嬉しい気持ちと悔しい気持ちが混ざる後輩たちを見て涙がでました」と喜びのコメントをつづった。田中さんは、前日の男子団体でも弟の佑典の金メダルでうれし涙を流したばかり。2日続けてのうれしい結果に喜びもひとしおの様子だった。

 田中さんは「女子団体4位!!感動した」の書き出しでブログをつづり、「演技は全員、最高の演技をしましたよ!」「一人一人がしっかり各種目で役割を果たし気持ちを繋いでいくすごく絆のこもったチームでした」と、後輩たちの頑張りを絶賛した。田中さんが出場したロンドン五輪では、女子団体は8位。後輩たちがそれを越える成績を残したことを自分のことのように喜んだ。

 田中さんは前日に行われた男子団体でも、弟・佑典の演技について「姉として見ていられない」などと、日本テレビ系「スッキリ!」でコメント。その後、抱き合って金メダルを喜び合った。

最終更新:8月10日(水)12時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。