ここから本文です

「ポケモンGO」被災4県とコラボで観光復興へ レアポケモン出現も検討

ねとらぼ 8月10日(水)13時7分配信

 岩手・宮城・福島・熊本の被災4県と、スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」が観光復興のためコラボレーションすることが分かりました。今後は運営・開発元であるナイアンティックと連携し、周遊促進のためのポケストップ、ポケモンジムを追加するなど、「ポケモンGO」を活用した被災県観光復興に努めていくとしています。

【ナイアンティック日本代表・村井説人氏】

 今回のコラボレーションは、被災県側からナイアンティックに働きかけて実現したもの。ナイアンティックは「ポケモンGO」の前身にあたる位置情報ゲーム「Ingress」でも復興支援や観光促進に取り組んでおり、今回も「何かしら貢献できることがあるのではないか」(ナイアンティック日本代表・村井説人氏)と、コラボレーションを決定したとのこと。

 具体的な連携内容については、宮城県の村井嘉浩知事が説明。ポケストップ・ポケモンジムの追加以外にも、現時点では周遊促進のためのルートマップの作成、被災地で使えるスクラッチやクーポンなどの提供を検討しているとのこと。

「ナイアンティック社はこれまでにも、『Ingress』でイベントを通じて被災地に人を呼び込んでくれた。これを継続しながら、より大衆性のある『ポケモンGO』を活用し、訪れた人も地元の人も笑顔になる取り組みを考えていきたい」(村井嘉浩宮城県知事)

 また質疑応答では、「レアなポケモンを出現させることも検討したい」(村井社長)との発言も。もしも実現すれば大きな効果が期待できそうです。

最終更新:8月10日(水)13時7分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]