ここから本文です

イチロー、代打で投ゴロ 主砲けがで11日はスタメン

デイリースポーツ 8月10日(水)12時11分配信

 「マーリンズ2-0ジャイアンツ」(9日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はジャイアンツ戦の七回から途中出場し、1打数無安打。打率を・314とした。

 7日に敵地で通算3000安打の偉業を達成し、凱旋試合となった前日は代打で二ゴロだったイチロー。この日は2点リードの七回無死一塁から代打で登場すると、前日同様、地元ファンはスタンディングオベーションで迎えた。イチローコールが起こる中、カウント2-1から2番手右腕、ピービの内角カットボールを打って出たが、投ゴロ(記録は二封)だった。

 八回の守備では主砲のスタントンに代わって右翼に入った。試合後、マッティングリー監督は、スタントンが2日前の試合でスライディングキャッチを試みた際に足を負傷したと説明。「スタントンは明日出場しない。イチが出場する」とイチローの3試合ぶりスタメンを明言した。

 試合は、マーリンズが初回にスタントンの2点適時打で先制。バットを真っ二つに折られながらも打球が左翼手の頭を越える怪力ぶりだった。投げては、先発のコーラーが7回2安打無失点で9勝目。この日、中指のけがで故障者リスト入りした守護神、ラモスの代役、ロドニーが九回を締め、19セーブ目を挙げた。

最終更新:8月10日(水)13時31分

デイリースポーツ