ここから本文です

【高校野球】“京都のドカベン”石原が悔し涙 今後はプロ入り目指す

東スポWeb 8月10日(水)16時4分配信

 京都翔英(京都)が第4日(10日)の第2試合で樟南(鹿児島)に1―9で敗れ、“京都のドカベン”として注目された主将・石原が悔し涙を流した。

 二塁打2本と活躍しながらも初回、無死二、三塁の好機に三ゴロに倒れたことで「1本打とうとして力んでしまった。あそこで1本出ていれば、流れが変わったかも知れない」と悔やんだ。

「女手ひとつで育ててくれて毎日、朝早くにお弁当を作ってくれた」と母親に感謝した石原は、今後について「野球は続けたい。ドラフト指名されるかは分からないが、今から次のステップへの準備をしたい」とプロ入りを希望した。

最終更新:8月10日(水)16時15分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。