ここから本文です

中古車相場値下りランキング、トップは フーガ…4月から13%の下落

レスポンス 8月10日(水)20時30分配信

プロトコーポレーションが運営するオウンドメディア「PROTO総研/カーライフ(プロソウケン/カーライフ)」は、2016年7月のクルマ・ポータルサイト「Goo-net」における「中古車 相場値上り・値下りランキング」を公表した。

[関連写真]

PROTO総研/カーライフは、Goo-netの運用で蓄積した自動車関連に関する膨大なデータを加工、再編集しユーザーのよりよいカーライフの知恵となることを目的としたオウンドメディア。8月より、前月のGoo-netにおける「中古車 相場値上り・値下りランキング」全国総合20位のランキングと、「中古車 値上りベスト3」「中古車 値下りベスト3」それぞれ3車種の推移を毎月定期的に公表する。

ランキングは、異常値を除いた掲載台数100台以上あるものを対象とし、2016年4月時点を基準とした変動金額、変動率で決定する。

7月度の「中古車 相場値上りランキング」によると、トヨタ『イスト(NCP61)』が変動率+12.91%(3万8900円)でトップ。2位は日産『スカイライン(BNR32)』(+12.12・26万5044円)、3位は日産『エルグランド(NE51)』(+11.54%・7万8629円)だった。

一方、「中古車 相場値下りランキング」では、日産『フーガ(KY51)』(-13.37%・33万4255円)がトップ。以下、日産『シーマ(GF50)』(-12.66%・7万5831円)、トヨタ『サクシードバン(NCP51V)』(-12.09%・7万9410円)と続いた。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月10日(水)20時30分

レスポンス