ここから本文です

SKケミカル、加湿器殺菌剤で虚偽広告=韓国・国家技術標準院

WoW!Korea 8月10日(水)15時40分配信

SKケミカルで製造し、エギョンから販売されている加湿器殺菌剤「加湿器メイト」が消費者を欺く虚偽広告を出した、との指摘が政界から提起された。産業通商資源部の国家技術標準院も、安全管理対象の工業製品でもないのにまるで許可を受けたように表記したのは、虚偽広告に該当するという立場だ。

 10日、韓国議員が、国家技術標準院から提出された資料を根拠に「加湿器メイト」は「品質マネジメントおよび工業製品安全管理法」上の管理対象製品から抜けているとし、「この場合、工業製品で規定しているKCマークや安全認証番号などを表記できない」と主張した。

 しかし「加湿器メイト」の場合、裏面には「品質マネジメントおよび工業製品安全管理法による品質表示」という表示と共に品名、製品の使用方法、製造・販売元などを明記。表記だけを見れば、技術標準院から安全性審査などを終えたと誤解を招く部分だ。

 同議員は「SKケミカルが品質マネジメントおよび工業製品安全管理法を登用し虚偽の事実を記載したのは非常に深刻な違反行為」とし「このような虚偽広告による加湿器被害者が増加したことで、来る12日に公正取引委員会の審議で産業部意見を反映し審議すべきだ」と主張した。

最終更新:8月10日(水)15時40分

WoW!Korea