ここから本文です

ASUS、i7搭載のミニPC「VivoMini UN65H」など3製品 Chrome OS搭載モデルも

ITmedia PC USER 8月10日(水)14時27分配信

 ASUSは8月10日、同社製コンパクトPC「VivoMini」シリーズの新モデル「ASUS VivoMini UN65H」「ASUS VivoMini UN65」および、Chrome OSを搭載した「ASUS Chromebox」を発表した。VivoMiniの2製品は8月12日、Chromeboxは8月19日に販売を開始する。価格は、Core i7搭載のUN65Hが9万7000円前後(税込、以下同様)、Celeron搭載のUN65が3万7500円前後、Chromeboxが3万5500円前後だ。

【画像】Chromeboxの外観は

●ASUS VivoMini UN65H

 131(幅)×131(奥行き)×52(高さ)mmというサイズに、第6世代のCore i7-6500UとDDR3L-1600 SO-DIMM 4GBメモリを搭載したモデル。メモリスロットは2つで、最大16GBまで増設可能。ストレージは1TBのHDDを内蔵する。映像出力インタフェースはHDMI 1.4a×1、DisplayPort 1.2a×1を備える。また、入力デバイスとしてワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを付属する。OSは64bit版Window 10 Homeを採用する。

●ASUS VivoMini UN65

 UN65Hよりさらに10mm薄い、131(幅)×131(奥行き)×42(高さ)mmという薄型モデル。CPUはCeleron N3150で、メモリはDDR3L-1600 2GB、最大8GBまで増設可能。ストレージは32GBのM.2 SSDを内蔵する。映像出力インタフェースはHDMI 1.4a×1、D-sub 15ピン×1を備える。UN65Hと同様にワイヤレスキーボード、マウスが付属する。OSは64bit版Window 10 Homeを採用する。

●ASUS Chromebox

 ASUS Chromeboxはさらに小さく、124(幅)×124(奥行き)×42(高さ)mmという小型モデル。OSにChrome OSを採用することで、より直感的な操作方法を提供するという。CPUはCeleron 3205Uで、メモリはDDR3L-1600 4GB。ストレージは16GB。映像出力インタフェースはHDMI 1.4a×1、DisplayPort 1.2a×1を備える。

最終更新:8月10日(水)14時27分

ITmedia PC USER