ここから本文です

恋愛相談もビッグデータで Yahoo!知恵袋がIBM「Watson」で集合知を学習し“脈アリ”を判断

ITmedia ニュース 8月10日(水)14時42分配信

 ヤフーは8月10日、知恵共有サービス「Yahoo!知恵袋」のAndroidアプリ上で「IBM Watson」を活用する恋愛相談機能「これって付き合える? 脈ありチェッカーβ」の提供を開始した。ユーザーが自然言語(日常的な話し言葉)で恋愛に関する質問や相談を書き込むと、Yahoo!知恵袋の恋愛相談カテゴリーに投稿された過去の内容と照らしあわせ、脈ありか脈なしかを表示できる。

【画像】恋愛相談のやり取り例

 Yahoo!知恵袋の恋愛相談カテゴリーに投稿された質問と回答から学習データを構築。IBM Watsonの「Natural Language Classifier」機能を利用し、さまざまな恋愛相談に対応する回答モデルを作成する。ユーザーが「相手と目があった」「手をつないだ」といった状況を書き込めば、脈ありか脈がないかを判断して確信度とともに診断結果を表示できる。

 ヤフーによれば、2016年2月から日本語版IBM Watsonの活用検討を進めており、学習に適した大量のデータ(※)を保有するYahoo!知恵袋での活用が決定したという。今後はユーザーの利用実績などにより改良を進めるほか、対象カテゴリーの拡大やユーザーの質問に文章で回答するといった機能の開発を進めていくとしている。

※質問数約1億6100万件、回答数約3億9700万件(2016年7月時点)

 IBM Watsonは、自然言語処理や機械学習を得意とするコグニティブ・コンピューティング・システム。大量のデータを学習し、与えられた課題に対する解答を提案できる。

最終更新:8月10日(水)14時53分

ITmedia ニュース