ここから本文です

安藤優子キャスター 福原愛に「鬼気迫る」 石川佳純の分も頑張ろうとしていると分析

デイリースポーツ 8月10日(水)15時3分配信

 安藤優子キャスターが10日、フジテレビ系「バイキング」から「直撃LIVE グッディ!」へのリレートークのコーナーで、リオ五輪卓球女子で4強入りを果たした福原の快進撃を「鬼気迫る」と絶賛した。

 安藤キャスターは「愛ちゃん、小っちゃいころから知ってるんですけど」と“泣き虫愛ちゃん”と評されたころから取材を通じて出会ったことを述べ、「こんな愛ちゃん見たことない。愛ちゃんなんて言っちゃ、もういけないんですが福原愛選手。顔に鬼気迫るというんでしょうか」と試合に集中する福原を放映した。

 坂上忍が「鬼と化して戦ってますね」と応じると、安藤キャスターは「石川佳純選手が初戦で敗退したことが福原選手にとってみればとってもショックだったと思う。その分も頑張るぞということですごい気合が入っていると思う」と福原の胸中を分析。福原がここまで1ゲームも落としていないことを付け加えた。

 安藤キャスターはまた、「福原選手はいつもはふんわりしてて、優しくて心配りのできるすごく人に気を遣う選手なんです。今回は自分自身に集中していて周りをシャットアウトしているように感じます」と福原の変化についても指摘。坂上もまた、「(試合が)終わった後のインタビューもいつもと違いますね」と応じた。

 安藤キャスターは「普通だったらもっと笑顔が出ますが、ぱしっと答えてぱしっと去る」と試合後も緊張を保っていることを指摘。「今までのオリンピックでは、『楽しまなくちゃ』という選手が多かったけれども、今回はそれを超えたのかと、福原選手を見て思う」と語った。

最終更新:8月10日(水)15時52分

デイリースポーツ