ここから本文です

市村正親 子供がいることで胃がんからも回復 頑張っている姿を見てもらいたい

デイリースポーツ 8月10日(水)15時33分配信

 俳優の市村正親(67)が10日、東京・池袋の東京芸術劇場で11日に初日を迎える「ひとり芝居 市村座」(21日まで)の最終舞台稽古を行い、開始前に会見した。同舞台は1997年に旗揚げし、過去5回の公演を行っている。市村は「市村座を待っているファンの方が多かった。胃がんやケガをした自分が元気で頑張っている姿を見てもらいたい」と意気込んだ。

 今回は「親と子」がテーマ。口上から始まり、古典落語「子別れ」を題材にした舞台などを披露するが、市村自身も女優・篠原涼子(42)との間に8歳と4歳の男の子がおり「子供がいることで胃がんや病気になっても回復するんじゃないか。子供がまだ小さいから神様がまだあっちの世界へ呼ぶなってミーティングしてるんでしょう」と子供の持つ力に感謝した。

 市村は中学時代に柔道部、高校では体操部に所属しており、リオ五輪で日本選手が奮闘する姿をテレビ観戦しているという。金メダルを獲得した体操男子に「市村と内村(航平選手)だものね。最初のあん馬で落っこちた時にはヒヤっとしたけど、よかった」と祝福の言葉を贈った。柔道女子で銅メダルを獲得した中村美里選手にも「笑わない女王が笑ったものね。銅メダルでもいいじゃない。感動を与えてくれた」と話した。

 カーテンコールでは5月に亡くなった演出家の蜷川幸雄氏をしのんで作った詩を歌うという。市村は「蜷川さんは僕を育ててくれた親のようなもの。感謝の気持ちを込めて歌おうと思っている」と明かした。

最終更新:8月10日(水)20時27分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。