ここから本文です

ウォン高ドル安進む 韓国輸出企業に悪影響

聯合ニュース 8月10日(水)17時57分配信

【ソウル聯合ニュース】10日のソウル外国為替市場でウォンの対ドル相場は前日より10.7ウォン高の1ドル=1095.4ウォンで取引を終えた。終値では昨年5月22日(1ドル=1090.1ウォン)以来のウォン高ドル安水準となった。

 英国の欧州連合(EU)離脱が決まった6月末からウォンは対ドルで大きく上昇している。米国の景気回復の勢いや利上げへの期待感が弱まったことに加え、グローバル金融市場で投資の動きが強まり韓国株式市場にも資金が流入しているためだ。

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が韓国の国債格付けを初めて「ダブルA」に引き上げたこともウォン高の要因となっている。

 ただ、ウォン高は韓国の輸出企業に影響を与える。サムスン電子は4~6月期に3000億ウォン(278億円)余りの為替差損を計上しており、SKハイニックスも同期の売上高に1000億ウォン程度の影響が出ると予想している。

 一方、ウォンの対円相場で大きな変動はない。10日午後3時半現在の相場は100円=1080.33ウォンで、前日の同時刻より0.84ウォンのウォン高となった。

最終更新:8月10日(水)20時10分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。