ここから本文です

日本ハム 鎌スタ山の日イベントで臨時シャトルバス運行

デイリースポーツ 8月10日(水)17時52分配信

 日本ハムは10日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで山の日の11日に行われる「鎌スタ☆ミステリーナイト2016」に臨時シャトルバスを運行すると発表した。

 片道100円で東武アーバンパークライン鎌ヶ谷駅東口ロータリーより15時から30分間隔で19時まで随時運行される。球場から鎌ヶ谷駅への帰りの最終バスは21時30分となる。年に一度の夏の納涼祭は16時から行われ、今年は17時からUFOコンタクティ武良信行氏を招いての「UFO観測会」に20時から地域の鎌ケ谷青年会議所や地元鎌ケ谷市内の9小学校とタイアップした「かまがやの花火大会」と話題も多く、恒例の「鎌スタ☆ビジョン」を使った映画上映会も開催されるなどここにきて予想以上に問い合わせも増えているという。

 本イベントのプロジェクトマネジャーも兼任している鎌スタの謎のキャラクター「DJチャス。」は、「特に花火大会は近隣での対抗馬がないので、正直どこまで想定していいのか来場の見込みが読めないところ。全く何とコメントしていいのか分からないけど、ちょうど“鎌スタへ行ってきましたTシャツ”の販売も始めたところなのでぜひ新商品にも注目してあげて欲しい。UFOが来たら?そうだね、宇宙人の皆さんにももちろんチャンスがあったら鎌スタの来場記念に買って頂きたいと思います!」と得意のジョークを交えながら集客への最後の追い込みには余念がなかった。

最終更新:8月10日(水)18時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]