ここから本文です

退団騒動のなでしこ宮間は岡山湯郷に残留「申し訳ありませんでした」

デイリースポーツ 8月10日(水)17時58分配信

 サッカー女子日本代表なでしこジャパンの元主将、MF宮間あや(31)ら所属の4選手が退団を申し入れていたなでしこリーグ・岡山湯郷は10日、宮間が残留することを発表した。

 4選手は7月25日に解任された結城治男監督代行と指導法を巡って意見が対立。練習中に人格を否定するような言葉をかけられたこともあり、練習をボイコットしており、退団を申し入れていた。

 説得にあたったクラブを通じ、宮間はこの日コメントを発表。「このたびは、多くのファンの皆様や関係者の方々にご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。話し合いの結果、チームに残留させていただくことになりました。まずはリハビリに集中し、一刻も早く、チームに復帰できるように頑張りたいと思います」と残留を表明した。

 一方でGK福元美穂、FW松岡実希、DF高橋佐智江はそのまま退団することも発表された。クラブは騒動の責任をとって黒田和則GMが辞任した。

最終更新:8月10日(水)20時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。