ここから本文です

池袋サンシャイン通りに首都圏最大級のシネコン誕生へ

ねとらぼ 8月10日(水)18時59分配信

 首都圏最大級のシネマコンプレックスが池袋に誕生することになった。

 東急不動産と佐々木興業が進めている「(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクト」では、敷地面積約556坪の敷地に地下2階地上14階建ての商業ビルを建設。そこへ12スクリーン・約2500席のシネマコンプレックスの出店を予定している。

【予定地】

 このシネマコンプレックスでは、日本最大級の高さ18メートル超・幅26メートル超という巨大スクリーンを備えた次世代のシステム「IMAX with LASER」を東日本で初めて導入する予定だ。

 予定地となる池袋駅東口の「サンシャイン通り」沿いに位置するスポイトビルが解体されており、2019年度の開業を目指す。

最終更新:8月10日(水)18時59分

ねとらぼ