ここから本文です

Jun.K(2PM)、アーティストとして帰ってきた

WoW!Korea 8月10日(水)22時43分配信

人気アイドルグループ「2PM」のJun.Kが、ソロアルバムを通じて音楽的な力量を証明した。

Jun.K(2PM)のプロフィールと写真

 Jun.K(2PM)は、9日0時にデビュー後初の韓国でのソロアルバム「Mr. NO」とタイトル曲「THINK ABOUT YOU」を発表した。

 Jun.Kはこのアルバムの全曲の作詞作曲に参加して、日本ではすでに絶賛を受けてきた自身の音楽的な才能と実力を果敢なく表現した。R&Bにフューチャージャンルを取り入れたタイトル曲「THINK ABOUT YOU」は、粋なサウンドと感性、強く訴えるような深みのあるボイスとすぐれた歌唱力まで加えて調和を成している。

 楽器を利用して音楽全般を自身が直接作り出すというプロデュース能力を持ったJun.Kは、このアルバムを通じて韓国でもミュージシャンとしてのアイデンティティを確固たるものにするきっかけになっている。

またこのアルバムには、タイトル曲「THINK ABOUT YOU」を始めとして「Mr. NO」、「波乗り」、「BETTER MAN」、「YOUNG FOREVER」と、「2PM」の5thタイトル曲「My House」のアコースティックバージョン、そして2日に先行公開された歌手ペク・アヨンとのデュエット曲「行かないで」など8つのナンバーが収められた。

 Jun.Kは既に日本でソロ歌手としても盛んに活動中で、アイドルではなくミュージシャンとして認められている。2014年の「LOVE & HATE」、2015年の「Love Letter」ともにオリコンチャートで1位になり、また6都市10公演、5都市11公演にわたる2年連続のソロツアーも大成功で幕をおろした。

最終更新:8月10日(水)22時43分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。