ここから本文です

木村了 リオ五輪の選手に熱演誓う

デイリースポーツ 8月10日(水)19時44分配信

 俳優・木村了(27)が10日、東京・明治座で主演ミュージカル「TARO URASHIMA」(同所で11~15日)の稽古を公開。共演のSPEED・上原多香子(33)とともに、リオ五輪で大活躍の日本選手に負けない熱演を誓った。

 連日の日本代表のメダルラッシュに木村は「同じ年齢の内村航平選手がメダルを獲得しテンションがあがった。僕も頑張ろうと思った」と、上原も「なかなか生で見られないけど、日本人がメダルをとったと聞くとうれしいし、励みになる」と、ともに舞台を盛り上げていく覚悟を語った。

 同ミュージカルは、おとぎ話の「浦島太郎」をモチーフにした、コメディー作品。木村が浦島太郎役、上原は乙姫役で出演。ほかに斉藤暁、崎本大海、和泉元彌、とよた真帆らが出演。

最終更新:8月10日(水)19時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。