ここから本文です

阪神・北條の適時内野安打で勝ち越し「何も考えず、いいイメージだけ」

デイリースポーツ 8月10日(水)20時32分配信

 「広島-阪神」(10日、マツダスタジアム)

 阪神が1-1で迎えた六回、勝ち越しに成功した。2死満塁から7番・北條史也の三遊間への高いバウンドの打球が遊撃適時内野安打となった。

 1死から鳥谷が四球、福留の中前打、ゴメスが死球で満塁。6番・江越は空振り三振に倒れたが、北條が二回の左犠飛に続き、2打点目を挙げた。

 北條は「いろいろと考え過ぎると硬くなってしまうので何も考えず、前の打席でヒットを打ったので、そのいいイメージだけ持って打ちにいきました」と振り返った。

 なお2死満塁と得点機は続いたが、8番・坂本は二ゴロに打ち取られ、3者残塁で1点止まりだった。

最終更新:8月10日(水)22時58分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報