ここから本文です

大曲工の2年生右腕・藤井にプロスカウトも驚き「来年1年でどこまで伸びるか」

デイリースポーツ 8月10日(水)20時41分配信

 「全国高校野球・1回戦、花咲徳栄6-1大曲工」(10日、甲子園球場)

 大曲工は終盤に突き放され、初戦突破はならなかった。それでも先発した藤井黎來投手(2年)の力投に、ネット裏で視察していたプロ球団のスカウト陣も注目した。

 「ボールも強いし、来年1年でどこまで伸びるか、非常に楽しみ。体(のサイズ)もあるしね」と語ったのはDeNA・吉田スカウト部長。立ち上がりからアベレージで140キロ前後の直球を投じ、最速は143キロを計測した。鋭く落ちるフォークで空振りを奪うシーンもあり、8回5失点ながら前評判の高い花咲徳栄打線を七回まで3点に封じ、好投手・高橋との接戦を演出した。

 181センチ、82キロと恵まれた体格を持った右腕。上級生と比較してもまったく見劣りしないだけに、来年にかけての成長が楽しみだ。

最終更新:8月10日(水)20時53分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]