ここから本文です

ママになったアン・ハサウェイ、妊娠中に太っても「恥ずかしいことじゃない」とエール

ねとらぼ 8月10日(水)20時56分配信

 「プラダを着た悪魔」などで知られる米女優アン・ハサウェイがInstagramで、「妊娠中に体重が増えることは恥ずかしいことではない」と訴えかけ、多くの共感を呼んでいます。

【水着マタニティーショットを投稿したことも】

 投稿されたのは膝上辺りでカットされたデニムパンツの画像。そこには「妊娠中に(あるいはいつでも)体重が増えるのは恥ずかしいことじゃない。減量に思ったより時間が掛かっても、恥ずかしいことじゃない(もし減らしたいならね)。去年のデニムショートパンツが今年は短過ぎるなら、自分用にデニムショートパンツを作り直したって何も恥ずかしいことじゃないの。身体は変わる。身体は成長する。身体は縮む。全ては愛なのよ(誰にも違うとは言わせないで)。ピース」とメッセージが添えられています。

 この投稿には、「私が必要としてたもの。何て素晴らしいメッセージ」「いつもあなたの作品に感心してきた。今日はあなた自身に感心してる」といった共感のコメントが並び、投稿に感謝する声も多く見られました。

 ハサウェイは3月に夫の米俳優アダム・シュルマンとの第1子となる長男を出産。臨月のころ、パパラッチに撮られたことに憤慨し、自ら水着のマタニティーショットを投稿したことでも話題となりました。

 優等生なイメージから言動に誤解を受けることもあるハサウェイ。しかし一貫した彼女のメッセージはたくさんの女性を勇気づけているようです。

最終更新:8月10日(水)20時56分

ねとらぼ