ここから本文です

阪神能見は七回途中1失点で降板「球数をかけながら粘りました」

デイリースポーツ 8月10日(水)21時10分配信

 「広島-阪神」(10日、マツダスタジアム)

 阪神先発の能見篤史投手は七回途中1失点で降板した。

 先頭の代打・小窪を捕邪飛、1番・田中も空振り三振に仕留めて2死無走者。この日、2安打を浴びている2番・菊池を迎えたところで、金本監督が交代を告げた。

 2番手・安藤は菊池に中前打されて、打者1人で交代。3番手・高橋が3番・丸を三振に打ち取り、得点を許さなかった。

 能見は6回2/3で打者28人に対して、6安打1四球8奪三振。一回にボークで献上した1失点で踏ん張り、今季7勝目の権利を手にしたままマウンドを降りた。

 降板後は「広島はいい打線なので、球数をかけながら粘りました。四回以降は感じよく投げることができました」と116球を振り返った。

最終更新:8月10日(水)21時19分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]