ここから本文です

オリックス代打・小島が投手強襲勝ち越し打「気持ちが入っていた」

デイリースポーツ 8月10日(水)21時24分配信

 「オリックス3-2ソフトバンク」(10日、京セラドーム大阪)

 オリックスが代打・小島脩平内野手の勝ち越し適時打で本拠地3連勝を飾った。

 オリックスは初回、制球に苦しむソフトバンク先発・摂津を攻め、モレルが中越え適時二塁打で2点を先制。その後、追いつかれたが、七回1死二塁で登場した小島の投手強襲の適時打で勝負を決めた。

 殊勲打の小島は「いい場面で使ってもらったので何とかしようとそれだけ考えて入りました。ピッチャーに当たって運も良かったんですけど、気持ちが入ってたんで、抜けてくれたんだと思う」と振り返った。

 2番手で七回の1イニングを無失点に抑えた比嘉が今季初勝利。九回を締めた平野が22セーブ目を飾った。

 ソフトバンクの摂津は6回5安打2失点。決勝打を打たれた2番手のバリオスが今季初の敗戦投手となった。

最終更新:8月10日(水)21時39分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。