ここから本文です

柔道男子90キロ級 ベイカー茉秋、3連続一本勝ちで準決勝進出

デイリースポーツ 8月10日(水)22時43分配信

 「リオ五輪・柔道男子90キロ級」(10日、カリオカアリーナ)

 2015年世界選手権3位のベイカー茉秋(21)=東海大=が、準々決勝でアレクサンドル・イディア(フランス)に合わせ技で一本勝ちし、準決勝に進出した。1分40秒、大外刈りで技ありを奪うと、そのまま抑え込んだ。

 ベイカーは初戦となる2回戦で、マルク・オーデンタール(ドイツ)を背負い落としで一本勝ち。3回戦でアレクサンダル・クリコ(セルビア)にも合わせ技で一本勝ちした。3試合連続一本勝ちで、準決勝に駒を進めた。

 米国人の父と日本人の母との間に生まれ、東京で育ったベイカー。ピアノと柔道を並行して始めた6歳以来、日の丸を付けて戦うのを夢見てきた。先月13日の東海大学の壮行会では「何が何でも金メダル」と意気込んでいた。

最終更新:8月11日(木)9時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]