ここから本文です

愛ちゃん完敗…3位決定戦へ「無駄な感情は捨てて集中する」

デイリースポーツ 8月10日(水)22時50分配信

 「リオ五輪・卓球女子シングルス・準決勝」(10日、リオ中央体育館)

 世界ランク8位の福原愛(27)=ANA=は、0-4(4-11、3-11、1-11、1-11)のストレートでロンドン五輪金メダリストで世界ランク5位の李暁霞(28)=中国=に完敗し、決勝進出はならなかった。3位決定戦で銅メダルを目指す。

 2009年10月のW杯で勝って以降、8連敗中の李に果敢に挑んだが、立ち上がりから圧倒された。9連続ポイントを奪われるなど第1セットを4-11で落とすと、その後もまったくミスをしない李を揺さぶることすらできなかった。

 4セットで9点しか奪えず敗れた福原は「本当に強かった。ボールの威力、回転すべて(相手が)上回っていた。0-4という結果で大変悔しい」と完敗を認めた。

 ここまで3試合すべてストレート勝ちで勝ち上がってきたが、「それは置いといて、新しい気持ちで臨みました。今は実力の差で0-4という結果になったので、気持ちを切り替えて夜(3位決定戦)に備えたい。無駄な感情は捨てて一球一球目の前の試合に集中する」と厳しい表情を崩すことなく語った。

 4大会連続の五輪出場の福原は3位決定戦で初の個人メダルを目指す。

最終更新:8月10日(水)22時59分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。