ここから本文です

ゲントウキが9年半ぶり新作リリース、ジャケットは中村佑介描き下ろし

音楽ナタリー 8月10日(水)21時7分配信

ゲントウキがニューアルバム「誕生日」を9月21日にリリースする。

彼がゲントウキ名義で新作をリリースするのは2007年2月に発売したキャリア初のベストアルバム「幻燈名作劇場」より9年7カ月ぶり。2008年以降、田中潤としてSMAPや土岐麻子らの作編曲や、プロデュース活動を主に行ってきた彼が満を持して発表する今作には、表題曲を含む8曲を収録。さらにボーナストラックとして「素敵な、あの人。」のアコースティックバージョンが収められる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ジャケットイラストは前作に引き続き中村佑介が描き下ろしたもの。かねてよりゲントウキと親交が深い中村は「あの時、ゲントウキがいなかったら、僕は絵を続けていなかった。同時代、同世代、そして同じ大阪に、こんな大きいポップスの才能がいるのだから、きちんとイラストをがんばろうと思って、プロを目指したんだよ」とコメントした。なおビクターエンタテインメントのオフィシャルサイトには堀込泰行、HARCO、伊藤俊吾(キンモクセイ)といった面々からのコメントも多数掲載されているので、合わせてチェックしよう。

さらにゲントウキは今作の発売を記念して10月14日に東京、11月7日に大阪でライブを開催することが決定。詳細は彼のオフィシャルサイトほかで追ってアナウンスされる。

ゲントウキ「誕生日」収録曲
01. 誕生日02. 5万年サバイバー03. カモメの気持ち04. Bye Bye05. 愛の砂漠06. ソフトクリームとスカートの記念日07. アルゴリズム08. Busy Days<ボーナストラック>09. 素敵な、あの人。(Acoustic Ver.)



ゲントウキ New Album「誕生日」リリースツアー
2016年10月14日(金)東京都 青山 月見ル君想フ2016年11月7日(月)大阪府 Music Club JANUS

最終更新:8月10日(水)21時7分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。