ここから本文です

危険な男たちの恋を描く海外ロマンス「真夜中」シリーズのマンガ版3冊刊行

コミックナタリー 8月10日(水)21時18分配信

ロマンス作家リサ・マリー・ライスの「真夜中の男」「真夜中の誘惑」「真夜中の天使」のマンガ版3冊が、本日8月10日に同時刊行された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

3冊はライスの作品の中でも人気を集める「真夜中」シリーズをコミカライズしたもの。「真夜中の男」では元海軍中佐で警備会社のCEOと美人インテリアデザイナー、「真夜中の誘惑」では敏腕刑事と大富豪の令嬢、「真夜中の天使」では元特殊部隊の鬼教官で警備会社の協同経営者と盲目の歌姫との恋がそれぞれ描かれている。タイプは違うが女性への一途な思いは共通する、武闘派な男たちのロマンスを堪能しよう。マンガは「真夜中の男」と「真夜中の誘惑」を花里ひかり、「真夜中の天使」を橋本多佳子がそれぞれ担当した。

また同じくリサ・マリー・ライスの小説を原作とするマンガ「閉ざされた夜の向こうに」も本日発売。アフリカ某国の米大使館で軍事分析官として働いていたクレアと、元海兵隊員のダンのスリリングなラブサスペンスが展開されていく。津寺里可子がコミカライズを務めた。

最終更新:8月10日(水)21時18分

コミックナタリー