ここから本文です

広島・緒方監督、1点差惜敗にも「あしたにつながる」

デイリースポーツ 8月10日(水)23時29分配信

 「広島1-2阪神」(10日、マツダスタジアム)

 広島は初回、相手先発・能見のボークで1点を先制したが、二回以降は得点できず、1点差で惜敗した。2位・巨人がDeNAに勝利したため、ゲーム差は4・5に縮まった。それでも緒方孝市監督は、最後まで粘り強さをみせた打線を評価した。

 1-2の九回。藤川から2死満塁と一打サヨナラのチャンスをつくった。最後は新井が右飛に倒れて試合は終わった。指揮官は「得点を取る形、シチュエーションはできている。最後まで、うちらしく集中力を持ってやってくれた。負けたけれど、あしたにつながる」と言葉に力を込めた。

最終更新:8月10日(水)23時58分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)