ここから本文です

池江璃花子、内田美希が同タイムも辞退選手出てスイムオフ回避

デイリースポーツ 8月11日(木)1時31分配信

 「リオ五輪・競泳女子100m自由形・予選」(10日、五輪水泳競技場)

 6組で出場した池江璃花子(16)=ルネサンス亀戸、内田美希(21)=東洋大=は、54秒50の同タイムで、全体の16位タイとなった。いったんは日本選手2人が準決勝進出をかけてスイムオフを行うことが決まった。

 しかしその後、全体15位だった沈鐸(中国)が棄権し、池江、内田とも準決勝進出が決まった。

 レース直後は、スイムオフについて、内田は「やばいですね。どうしましょう」と苦笑しながらも「日本新記録を目指して、準決勝泳げるように頑張ります」、池江は「ちょっと緊張するんですけど、負けないように頑張りたい。スイムオフではさらにタイムを上げられるようにしたい」と話していた。

最終更新:8月11日(木)2時48分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]