ここから本文です

田知本が金メダル獲得 「絶対に離さないと思った」

デイリースポーツ 8月11日(木)5時13分配信

 「リオ五輪・柔道女子70キロ級」(10日、カリオカアリーナ)

 ロンドン五輪同級7位の田知本遙(26)=ALSOK=は、決勝で、ジュリ・アルベアル(コロンビア)に一本勝ちし、金メダルを獲得した。今大会の日本柔道女子で金メダルは初めて。

 2分19秒、相手を倒すとそのまま押さえ込んだ。「絶対離さないと思ったし、秒数は見えなかったですけど、あと何秒と思って耐えました」と、涙を浮かべながら語った。

 2大会連続出場の田知本は1回戦から登場し、初戦は周超(29)=中国=を合わせ技一本で難なく下した。2回戦は、第1シードのキム・ポーリング(25)=オランダ=と対戦。開始10秒でいきなり有効を奪われたが、果敢に反撃して1分過ぎに大外刈りで有効で並んだ。ゴールデンスコア方式の延長戦で、田知本は鼻血を出し止血のため試合が一旦中断する。1分33秒、大外刈りで有効を奪い死闘を制した。

 3回戦は、ケリタ・ズパンチッチ(カナダ)と対戦し、2回戦に続いてゴールデンスコア方式の延長戦に突中したが、28秒、大外刈りで技ありを奪い、試合を決めた。

 準々決勝はラウラ・ファルガスコッホ(ドイツ)に優勢勝ちし、決勝に進出。決勝も堂々とした一本勝ちで、栄冠を手にした。

最終更新:8月11日(木)5時58分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]