ここから本文です

「シェーン」が山寺宏一ボイスでカムバック!スターチャンネルで新録吹替版放送

映画ナタリー 8月10日(水)23時30分配信

山寺宏一、二宮慶多、日高のり子、高木渉らが参加した「シェーン」の“新録・完全吹替版”が、明日8月11日にスターチャンネルにて放送される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1953年に公開された「シェーン」は、アラン・ラッド演じる流れ者のガンマン・シェーンを主人公とする西部劇。アメリカ・ワイオミング州の高原地帯を舞台に、世話になった開拓農民の一家を守るため、悪徳牧畜業者たちとの戦いに身を投じていくシェーンの姿を描く。監督を務めたのは「陽のあたる場所」「ジャイアンツ」のジョージ・スティーヴンス。

今回の完全吹替版では山寺がシェーンを演じるほか、「シェーン、カムバック!」のセリフでも有名な少年ジョーイに「そして父になる」の二宮が声を当てる。また、ジョーイの両親であるジョーとマリアンの吹替を、高木と日高が担当。全編ノーカットで、生まれ変わった「シェーン」をオンエアする。

なおスターチャンネルでは、本作の字幕版やオーディオコメンタリー版、ささきいさおがシェーンを演じた地上波吹替版なども放送。新録・完全吹替版と見比べてみては。

シェーン(新録・完全吹替版)
スターチャンネル3 2016年8月11日(木・祝)21:00~ほか

シェーン(旧録・地上波吹替版)
スターチャンネル3 2016年8月16日(火)9:30~

シェーン(デジタルリマスター版)
スターチャンネル2 2016年8月18日(木)11:45~ほか

シェーン(オーディオコメンタリー版)
スターチャンネル2 2016年8月19日(金)11:45~ほか

※日高のり子の高は、はしごたかが正式表記

Shane TM & Copyright (c) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

最終更新:8月10日(水)23時30分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。