ここから本文です

完全新作映画の“前日譚”『デスノート NEW GENERATION』Huluで配信

オリコン 8月10日(水)6時57分配信

 名前を書かれた人間は死ぬ、という死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を粛清し、理想の社会を作り上げようとする夜神月(ヤガミ・ライト)と世界的名探偵・Lによる頭脳戦を描いた人気漫画『デスノート』(原作:大場つぐみ、作画:小畑健)。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉らの出演による完全新作映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)が控える中、同じキャストによるHuluオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』(全3話)が9月16日より順次配信されることが決定した。

配信ドラマ版のシーン写真

 東出演じる捜査官・三島が独自の視点による捜査でデスノート対策本部のエースに抜てきされるまでの活躍を描く『新生』。池松演じるLの後継者で世界的名探偵・竜崎がデスノート捜査に参加するに至る事件と、Lへの思いと約束を描く『遺志』。菅田演じるキラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑(しえん)の過去のトラウマとデスノートに関わる契機を描く『狂信』。映画本編に至るまでの各キャラクターの“真相”を描き出し、“謎”につながる伏線も隠されている。

 このオリジナルドラマを、佐藤信介監督をはじめ、脚本の真野勝成氏、音楽のやまだ豊氏ら映画スタッフが再集結し、香港での海外ロケなども敢行。主要キャストだけでなく、デスノート対策本部のメンバーは全員出演し、史上最悪のデスノート所有者・青井さくら役の川栄李奈、超進化を遂げたフルCGで描かれる死神リューク(中村獅童)、さらにドラマだけのスペシャルキャストも登場する。

■配信情報
9月16日 前0:00頃配信 『デスノート NEW GENERATION 三島篇・新生』
9月23日 前0:00頃配信 『デスノート NEW GENERATION 竜崎篇・遺志』
9月30日 前0:00頃配信 『デスノート NEW GENERATION 紫苑篇・狂信』

■『デスノート』のメディアミックス展開
 2006年に連続公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』の2部作は合わせて興行収入80億円を超えるヒットを記録。08年にはスピンオフ作『L change the WorLd』も公開され、シリーズ3作の累計興収は112億円。3作品合わせて35の国際映画祭に招かれ、60以上の国と地域で公開された。ほかにも、アニメ、小説、舞台とメディアミックスを展開。15年に制作された連続ドラマは、同時に127ヶ国での放送&配信され、日本国内のみならず、世界中で新たなファンを獲得した。Huluでは、10日より「デスノート」チャンネル(http://www.hulu.jp/companies/death-note-channel)を開設し、『デスノート』の映像作品の一挙放送も行う。

最終更新:8月10日(水)8時4分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。