ここから本文です

「ありだ」は和歌山 「有田みかん大使」募集

デビュー 8月10日(水)12時0分配信

 日本一の生産量を誇り、特許庁の地域団体商標に認められている「有田(ありだ)みかん」。その魅力を広くPRする女性「有田みかん大使」を募集中。

 JAありだ共選協議会が行なう「有田みかん大使」の募集は今年で4年目。子供のころから有田みかんに親しんだ、近畿2府4県にその魅力について発信力のある、満18歳以上の未婚女性を求めている。

 合格後は任期内に、ありだ農業協同組合・JAありだ共選協議会が主催する活動(全国で50回程度)を内容に応じ各回1~5名程度でPR。マスコミ取材対応、テレビ局・新聞社訪問などメディア訪問。イベントや卸売市場、流通店頭でのPRイベントへの出演。地方でのキャンペーン、式典などでのPR活動などを行う。

 応募締切は8月12日(金)必着と迫っているので、オーディション情報サイト「デビュー/Deview」掲載の応募要項を確認して応募を。

最終更新:8月10日(水)12時0分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。