ここから本文です

劇場アニメ『黒執事』“豪華客船編”来年1・21公開 ビジュアルも解禁

オリコン 8月10日(水)16時18分配信

 枢やな氏による人気漫画『黒執事』を原作とした劇場アニメ『黒執事 Book of the Atlantic』が2017年1月21日に公開されることが、明らかになった。またキャラクターデザイン・総作画監督の芝美奈子氏の描き下ろしのティザービジュアルも解禁された。

<画像>枢やな氏が描き下ろしたビジュアル 

 原作は『月刊 Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)で2006年から連載中の人気漫画。08年、10年、14年にテレビアニメ化、09年には舞台も上演。14年には俳優・水嶋ヒロ主演で実写映画化もされた人気作品。劇場アニメでは単行本11~14巻で展開された「豪華客船編」を描く。

 劇場版スタッフの監督は阿部記之氏、脚本は吉野弘幸氏、アニメーション制作はA-1 Picturesが手がける。

■キャスト
セバスチャン・ミカエリス…小野大輔
シエル・ファントムハイヴ…坂本真綾

エリザベス・ミッドフォード…田村ゆかり
葬儀屋(アンダーテイカー)…諏訪部順一
グレル・サトクリフ…福山潤
ロナルド・ノックス…KENN
ウィリアム・T・スピアーズ…杉山紀彰
スネーク…寺島拓篤
バルドロイ…東地宏樹
フィニアン…梶裕貴
メイリン…加藤英美里 ほか

■公式サイト
http://www.kuroshitsuji-movie.com/

最終更新:8月10日(水)16時18分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。