ここから本文です

足立梨花と江野沢愛美がバトル 映画『傷だらけの悪魔』劇中カット公開

デビュー 8月10日(水)15時5分配信

 エンターテイメントプラットフォーム「comico」にて連載中のコミックを実写映画化した『傷だらけの悪魔』が2日、クランクアップ。主人公・舞(足立梨花)とイジメの復讐を仕掛ける詩乃(江野沢愛美)が対峙する劇中カットが公開された。

【写真】映画『傷だらけの悪魔』劇中カット

 親の都合で東京から田舎の高校に転校した葛西舞(足立)は、中学時代に舞のグループから酷いイジメに遭っていた小田切詩乃(江野沢)と再会する。詩乃のことを全く覚えていない舞だったが、過去の恨みを忘れない詩乃は復讐を決意。クラスメイトを巻き込んだバトルが始まる…。これが映画『傷だらけの悪魔』のあらすじ。

 舞役の足立梨花は「無事に撮影が終わりまして…いろいろな気持ちを持ちながら撮影をしていたので、ホッと一安心しました。映画ならではの舞ちゃんをみなさんに見てもらうのが楽しみでもあり不安でもあります。ただ、みんなで考えて、ものすごく悩んだ作品なので待っていてくれると嬉しいです」とコメント。

 詩乃役の江野沢愛美は「お芝居がこんなにも難しく、自分とは真逆の性格の役でたくさん悩みましたが、とてもやり甲斐があり毎日が刺激的な日々でした。みんなで必死に必死に頑張って出来上がる作品なのでぜひ期待してください!」とアピールした。

 足立扮する主人公・舞たちの担任、大瀬戸翠役には宮地真緒、舞の母親・葛西京子役に川原亜矢子といった実力派をキャスティング。また仲谷香春、芋生悠、高野海琉、中島愛蘭、YUKINO(La PomPon) 、花影香音などの若手俳優も多数出演。映画『傷だらけの悪魔』は2017年2月、角川シネマ新宿ほか全国公開。

最終更新:8月10日(水)15時8分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。