ここから本文です

【とと姉ちゃん】鞠子と水田の結婚披露宴シーン写真を公開

オリコン 8月10日(水)15時43分配信

 きょう10日に放送されたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(月~土 前8:00 総合ほか)第111回で、ヒロイン・常子(高畑充希)の妹・鞠子(相楽樹)は、常子が社長を務める「あなたの暮し出版」の経理担当・水田正平(伊藤淳史)からのプロポーズを受け、結婚することに。12日の第113回から13日の第114回にかけて、鞠子と水田の結婚披露宴が描かれるが、その場面写真が公開された。

【別カット】色鮮やかな着物にお色直しした鞠子

 相楽は女優人生初の結婚式シーンに臨み、白無垢姿を披露。撮影は1日がかりで行われ、相楽は「日本舞踊をやっているので、着物は着慣れていますが、かつらが首と肩にズシッときて、常に頭の上に荷物が乗っかっている感覚でした」と振り返った。

 肉体的な負担の大きかった相楽に対し、伊藤は「鞠子さんの和装は、すごくきれいでした。和装をあんなにすてきに着こなせる人はいないと思います」とねぎらい、「セットや衣装も含めて、シーン全体が美しいのですが、鞠子さんの魅力、美しさに酔える回になるのではないかと思います。そして、三姉妹の深い絆というか、愛も感じられると思います」と視聴を促していた。

 “妹たちを嫁に出す”ことが、父親代わりの“とと姉”の目標の一つだった。それが達成され、「披露宴のシーンを前に、何気なく女学校の廊下をとと姉と2人で歩いている時とか、ハトを捕まえようととと姉が言いだした時とか、本当に思い出のようによみがえってきました」と、相楽も感無量だった様子。

 「鞠子も結婚と仕事ですごく悩んで、悩んだ上での幸せ、自分のやりたいことを見つけられる瞬間です。鞠子には、“かか”みたいになるという目標もあるので、すごくいいスタートになったと思います」と話している。

最終更新:8月10日(水)15時43分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。