ここから本文です

松田翔太、浜野謙太の“おなら”に苦情「あんなに緊迫した状態で…」

オリコン 8月11日(木)19時1分配信

 俳優の松田翔太が11日、都内で行われた映画『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』完成披露上映会に登場。バディ役・浜野謙太との共演で印象に残ったシーンについて「ラストシーンで、現場の空気もピシっとなった時に、おならしましたからね…」とため息まじりに振り返った。

【写真】撮影秘話を明かす主演の松田翔太

 松田は続けて「車の中という密閉された中で、おならをされた時の『何なんだ!』という俺の気持ち。しかも、ちっちゃい声で『テヘッ』って言いましたからね。あんなに緊迫した状態でよく出るね…」と確信犯的な行動に苦情。一方の浜野は「バディ感、バディ感!」と笑顔を見せ「リラックスして、安心していたから出ちゃったんだよ。嫌いにならないでよ」と松田と仲良く肩を組み合って“和解”となった。

 同作は、すぎむらしんいち氏と脚本家・リチャード・ウー氏による漫画の実写化。東京に密入国をしている外国人だけの秘密の自治社会があるというアンダーグランドな舞台設定と、自治社会で弱き者を助ける裏警察官・久保塚早紀の個性的なキャラクターが人気を博し、先日まで放送されていた連続ドラマに引き続き、今回の劇場版公開となった。

 上映会にはそのほか、柳沢慎吾、須賀健太、康芳夫、NOZOMU、木原勝利、熊切和嘉監督も登場。同作は、9月3日から公開される。

最終更新:8月11日(木)19時10分

オリコン