ここから本文です

Versailles、初となる日本武道館公演が決定

BARKS 8/10(水) 10:59配信

2012年12月20日 NHKホールにて活動を休止したVersaillesが、3年と8ヶ月の時を経て、8月7日舞浜アンフィシアターのステージにて完全復活。10周年イヤーの2017年2月14日に、初の日本武道館公演が決定したことを発表した。

舞浜アンフィシアターでは、この時を待ち望んでいたファンの大歓声に包まれながら、仮面を纏い登場した5人の煌びやかな姿。この日は、インディーズ時代の楽曲も含めた珠玉の名曲が畳み掛けられ会場を熱狂の渦に巻き込み、さらには新曲「Medodic Thorn ~美の暴力~」と「Chandelier」を初披露した。

「完全復活とはVersaillesの新曲を皆さんに聞いていただくことだと思っています」

という言葉からも、並々ならぬ覚悟と決意が現れていた。

2回目のアンコールで、KAMIJOの口から10周年イヤーとなる2017年の2月14日に、初となる日本武道館公演が決定したと発表されると、割れんばかりの歓声が。

直後に演奏されたラストナンバー「The Revenant Choir」は、Versailles始まりの曲でもあり、きっと会場に居たそれぞれが新たなる始まりの景色を思い描いていた事だろう。

Versaillesは、9月14日にリテイク・ベストアルバム『The Greatest Hits 2007-2016』を発売。このアルバムは、完全復活リテイク・ベストアルバムとなり、「Aristocrat’s Symphony」「ASCENDEAD MASTER」「MASQUERADE」、そして新曲「Medodic Thorn -美の暴力-」と「Chandelier」の2曲も収録される。

最終更新:8/10(水) 10:59

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]