ここから本文です

米の食味 金メダル 5色、食べ切りでPR

日本農業新聞 8/10(水) 7:00配信

 山梨県のJA梨北は、管内の米の認知度アップと消費拡大に、食べ切りサイズの精米を5色のキューブ形パッケージで販売して注目を集めている。青、黄、黒、緑、赤の5色がある。開催中のリオデジャネイロ五輪と重なり、購入者から「組み合わせで五輪カラーも楽しめそう」と、土産用などでも話題になっている。

 同JAでは、管内のブランド米を手軽に食べてもらおうと、食べ切りの300グラム入りのキューブ形パッケージで販売したところ、好評だった。さらに5色のカラーをそろえると、五輪の話題とともに全色をまとめて購入する人も増えてきた。応援するサッカーチームのカラーを選んで買う人もいるという。

 各色とも管内産「コシヒカリ」300グラム入り400円、真空包装処理され、賞味期限は6カ月。管内の農産物直売所「よってけし」5カ所で販売している。

日本農業新聞

最終更新:8/10(水) 7:00

日本農業新聞