ここから本文です

【映像】ポグバ、復帰語る「マンUはタイトル獲得のためにある」

AP通信 8月10日(水)13時26分配信

 [イギリス 9日 AP]

 サッカー史上最高額となる1億500万ユーロ(約119億円)の移籍金で、イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドへ4年ぶりに復帰したフランス代表MFポール・ポグバ(23)がクラブ公式チャンネルに出演し、胸の内を明かした。

 以下、インタビュー。

 ポグバ:「言葉がないよ。キャリントン(チーム練習場の地)に、家に帰って来た。(イタリアで過ごしていたことは)今まで休暇で離れていたんだ。家に帰って来られて、みんなに会えて良かった。旧友に会えて素晴らし感覚だね」

 ポグバ:「僕にとっても(復帰が)大きな挑戦だ。ここで育ち、すべてが始まったところに戻って来た。ここで僕が始めたことを僕は完結できなかった、今回戻って来たのはそれを終わらせるためなんだ。」

 ポグバ:「僕はピッチ(フットボール)のみ考えている。素晴らしいプレーをしたい。最高峰の選手の1人になりたい。タイトルを獲得したい。さまざまなことを達成したい。そのために僕はここに来たんだ」

 ポグバ:「このクラブにとってタイトル獲得が至上命題ということを知っているし、このクラブはタイトルを獲得するためにあるんだ。そして獲得するために僕は集中する。準備はできているよ。やってやる」

(日本語翻訳 アフロ)

(C) AP

最終更新:8月10日(水)15時6分

AP通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。