ここから本文です

【リオ五輪】羽根田卓也がカヌー日本初のメダル マツコも褒めたイケメンが見せた涙

BuzzFeed Japan 8月10日(水)4時39分配信

リオ五輪スラローム男子カナディアンシングル決勝が9日(日本時間10日)に行われ、日本の羽根田卓也(29=ミキハウス)が97.44点で銅メダルを獲得した。カヌー競技でのメダルは史上初となる。【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

世界はやっぱり広い!大会注目の美女アスリート8選

カヌー選手であった父・邦彦さんの影響で小学3年生から競技を始めた。高校を卒業すると強豪国スロバキアへ単身渡り、現在も同国で腕を磨く。

北京五輪は14位、ロンドン五輪は7位。日本選手権7連覇中の第一人者。五輪直前の6月にフランスで行われたW杯では、日本人初の表彰台に上がるなど好調。快挙の瞬間、カヌーの上で感情を爆発させ、スロバキア人コーチにねぎらわれた。

カヌー競技への注目は日本では高くない。友人がテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」に「オリンピックでメダルに近い選手なのに、どのメディアも羽根田を取り上げない」と怒りの投稿をしたこともある。

番組で取り上げられた際には、マツコ・デラックスに”ハネタク”と呼ばれ「かわいい」とイケメンぶりを褒められた。

表彰台では、笑顔とともに両手でガッツポーズ。今大会でも競技の地上波放送はなしと、けして大きな注目を浴びたわけではなかったが、自らの力でカヌー競技に光を当てた。

最終更新:8月10日(水)8時37分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]