ここから本文です

婦人靴販売大手の(株)シンエイに連鎖、バレリアンシューズ(株)が破産申請へ

東京商工リサーチ 8/10(水) 9:52配信

 バレリアンシューズ(株)(TSR企業コード:291232698、法人番号:4011801004003、葛飾区お花茶屋3-2-14、設立昭和42年5月、資本金4875万円、遠藤三郎社長)は8月9日、事業を停止し破産手続きの準備に入った。
 負債総額は9億6893万円(平成27年12月期決算時点)。
「クリスチャン・ペレー」や「ガンター」などの欧州ブランド靴の製造や販売を手掛けていた。秋田県所在の関連会社に製造を委託し、最終工程を当社が担当、卸売業者やメーカーを販路とするほか、東京都所在の関連会社を経由して小売店向けも扱い、平成8年12月期は売上高45億1700万円をあげていた。
 しかし、市場の縮小や安価製品との競争激化から減収傾向で推移し、23年12月期の売上高は10億円を下回っていた。以降も、百貨店向けの不振が続き、27年12月期の売上高は6億2293万円にとどまり5337万円の当期純損失を計上、資金繰りも悪化していた。
 このようななか、28年7月28日に売上高の約6割を占めていた(株)シンエイ(TSR企業コード:290081955、法人番号:5010501006498、台東区)が東京地裁に民事再生法を申請したことで、同社からの売掛金回収の目途が立たなくなったことも要因となり、今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:8/10(水) 9:52

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。