ここから本文です

高炉4社粗鋼 16年度8265万トンに回復へ

日刊産業新聞 8/10(水) 10:58配信

 新日鉄住金、JFEスチール、神戸製鋼所、日新製鋼の高炉4社の2016年度の粗鋼生産量(単独ベース)は前年度比2・3%、185万トン増の8265万トンに回復する見通しだ。15年度は国内の鋼材需要回復が遅れ、在庫適正化による生産調整も長引いたため約5%、400万トン減の8080万トンにとどまった。16年度第1四半期は内需低迷のため2030万トンにとどまったが、第2四半期は内需の戻りと在庫調整の進展によって2116万トンに回復する見通し。下期は実質的に上期ほぼ横ばいの見通しだが、国内では自動車など製造業、五輪関連など建設の需要回復が期待されており上振れる可能性はある。

最終更新:8/10(水) 10:58

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。