ここから本文です

錦織、五輪3回戦は世界121位マーティンと対決<男子テニス>

tennis365.net 8月10日(水)1時0分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は10日に行われるテニスの男子シングルス3回戦で、第4シードの錦織圭(日本)は世界ランク121位のA・マーティン(スロバキア)と対戦する。両者は初の顔合わせ。

【錦織ら男子シングルス対戦表】

26歳のマーティンは、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でL・プイユ(フランス)らを破り、3回戦進出。その後、7月のコンズム・クロアチア・オープン(クロアチア/ウマグ、クレー、ATP250)ではツアー初の決勝進出を果たした。

今大会は1回戦でD・クドラ(アメリカ)にストレートで勝利。2回戦は右足を負傷した第13シードのP・コールシュライバー(ドイツ)の棄権により、3回戦へ駒を進めている。

一方、錦織は1回戦でA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に快勝、2回戦ではJ・ミルマン(オーストラリア)に苦戦するもストレート勝ちで3回戦進出を果たした。

日本テニスのシングルスでのメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で熊谷一弥(日本)が獲った銀メダルが最後で、錦織は96年ぶりのメダルを狙う。

その他の日本勢ではダニエル太郎(日本)が3回戦進出を決めている。

tennis365.net

最終更新:8月10日(水)1時2分

tennis365.net