ここから本文です

酷暑 もはや危険 熱中症 搬送6588人 今夏最多に

日本農業新聞 8/10(水) 7:00配信

 酷暑が列島を襲っている。総務省消防庁は9日、熱中症で緊急搬送された人が1~7日の1週間で、今夏最多の6588人(速報値)に上ったと発表。今後も危険なレベルの暑さが続く見通しで、厳重な警戒を呼び掛けている。

 前週(7月25~31日)に比べ搬送者は6割増加。死亡は12人に上り、65歳以上は3330人と半数を占めた。兵庫県宍粟市で田んぼの草刈り中に亡くなった女性もいる。

 家畜も被害に遭っている。甲府市で銘柄「甲州信玄豚」を飼育する柿嶋昇さん(86)は「経営する息子が扇風機をかけたり水をかけたりしているが、生まれたばかりの子豚数頭が熱中症で死んでしまった」と嘆く。栃木県JAなすのは「換気やスプリンクラーなど対策はやっているが、乳量が落ち餌の食い込みが悪い」(畜産課)と頭を悩ませる。

日本農業新聞

最終更新:8/10(水) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。