ここから本文です

ラビット美兎がデビュー5周年記念試合!「体が続く限り上を目指します。まだ二十歳なんで(笑)」

バトル・ニュース 8月10日(水)5時10分配信

 7日、デビュー5周年のリアル記念日となったラビット美兎が、3年連続でコマンドボリショイと一騎打ちを行った。

 ボリショイと互角に渡り合うなど成長を見せつけた美兎だったが、ピコニー・スマッシュからマリコ・スパイクでボリショイが勝利。
 ボリショイは「5周年ホントにおめでとう!こんなに後輩が強くなってくるから私はもっともっと強くなんなきゃいけないんだよ。まだまだ美兎には超えさせないぞ!」とマイク。

 美兎は「正直5年もやれるとは思ってなかったです。でも苦しい時、ボリショイさんがそばにいて…いつも励ましてくれました。ホントにありがとうございます!でも今日勝ちたかった…だから今よりもっともっと成長してあなたから3カウント取ります!これからもラビット美兎を応援よろしくお願いします!」と涙ながらに挨拶。
 バックステージでは「ボリショイさんとは3周年、4周年と5周年…3年続けてシングルをしてきたんですけど、やっぱりまだまだ超えられない壁だなと今日久しぶりにシングルして改めて実感しました。でも、超えられない壁ではないと思うんで、ボリショイさんからシングルで直接(3カウントを)取れる日はそんな遠くないと思います。あと何周年ぐらいだろう…?体が続く限り。まだ二十歳なんで(笑)。今よりももっともっと上を目指していきたいし、先輩も多いですけど後輩も多いので。胸を借りる立場、そして胸を貸す立場にもなっていくので、ラビット美兎らしくこれからも頑張っていきたいと思います」と笑顔を見せた。

最終更新:8月10日(水)5時10分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。