ここから本文です

「プロジェクトN」が能年玲奈を窮地から救う!?…岩手県知事がバックアップ宣言

dmenu映画 8月10日(水)17時30分配信

女優の能年玲奈が「のん」への改名、再出発を発表してから1ヶ月余り。長く続いた休業状態もこれでようやく終わる! ……と思いきや、所属事務所との契約問題について両者のズレが明らかになるなど、依然先行きは不透明なまま。正直、本当にまたTVで能年玲奈、いや「のん」が見られる日がやって来るとはまだ想像できないんですよね……。

そんな状況の一筋の光明となるのか、救いの手を差し伸べた人がいます。それが岩手県の達増拓也知事。なんと、「岩手県は、県庁内に『プロジェクトN』を立ち上げ、のん活躍の場を作ります」と高らかに宣言したのです!

活動支援に大反響

能年は8月7日、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県を訪れました。能年が岩手を訪れるのは、実に「あまちゃん」が放映された2013年以来初めてのことです。そして8日は岩手県庁を表敬訪問。報道によると能年側からの打診で実現した訪問だったそうですが、能年が同ドラマ撮影時に長期間滞在した岩手への感謝を伝えると、達増知事も「おかえりなさい」と迎えました。

話はここで終わりません。同日、達増知事がTwitterに能年訪問の様子の写真をアップするとともに「岩手県は、県庁内に『プロジェクトN』を立ち上げ、のん活躍の場を作ります」と活動支援を表明したもんだからさあ大変。ファンからは

「達増知事ありがとうございます!本当に心からうれしいです!プロジェクトN楽しみです!」
「プロジェクトN!とっても楽しみにしています。きっと全国から、いやアジアの国々からも注目が集まることでしょう」
「大きな後ろだてだよね。最高にうれしい」
「粋な計らい、最高にカッコいいです!!」

といった歓喜と知事に対する感謝のコメントが殺到しました。プロジェクトの内容はまだ明らかになっていないものの、ファンの期待は相当高まっています。

名物パンを頬張るノン・ゴジラもかわいい!

ご存知の通り能年は所属事務所からの独立騒動以降、メディア出演が激減し、事実上の芸能活動休止状態にありました。復活を待ち望むファンは多く、だからこそ知事のツイートにこれだけの反響があったのですが、それを受けて知事も翌日すぐに「のん(本名:能年玲奈)活躍支援 プロジェクトN に多くの反響を頂いており、感謝申し上げます。『地方を元気に』や『若者女性活躍支援』などの政策目標実現につながるような『のん活躍』で、『日本を元気に』できればと思います」とコメントしています。

また、様々な形でプロジェクトへの賛同を示す人も出ています。「あまちゃん」放送時にネットを彩った「あま絵(あまちゃんをテーマにしたイラスト)」で話題を呼んだマンガ家の青木俊直氏は、「のん(能年)ちゃんが岩手県知事を表敬訪問。達増知事が『プロジェクトN』立ち上げを表明しました」と報道を引用するとともに「妄想プロジェクトN」として最新のあま絵をTwitterやfacebookに投稿。現在大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』よろしく、「ノン・ゴジラ盛岡上陸。福田パンを食べる」と能年が盛岡の人気パンを頬張るイラストでプロジェクトを応援しています。

能年と所属事務所のトラブルは、双方に言い分があるものでしょうし、外部がとやかく言うべきものでもありません。しかし、能年玲奈に真っ直ぐな魅力があるのは事実。あれだけ一世を風靡した女優を、まったく目にする機会がなくなるというのも変な話です。達増知事はこうも言っています。「岩手は、東日本大震災からの復興にあたり、あまちゃんから非常に大きな力をもらっています。のん(本名:能年玲奈)さん無くして あまちゃん は無く、とても感謝しており、恩返しができればと思っています。だから“プロジェクトN”です」と。能年玲奈と岩手県、お互いの感謝の気持ちからこのプロジェクトが紡がれ、そしてこんどは能年の復活に繋がったなら、こんなに素敵なことはないのではないでしょうか。

(文/大木信景@HEW)

最終更新:8月10日(水)17時30分

dmenu映画